« 工芸展 | トップページ | 作品展準備完了 »

2006年10月22日 (日)

♪リュートな気分で♪

P1000971_1 私は毎朝コーヒーを飲みながら、新聞に目を通します。普段は興味あるところだけ、斜め読み。でも休日はちょっとゆっくり、じっくり読みます。

今朝のこと。

朝日新聞の県内版のところを広げると、、、、なんと

『リュートの響き 魅せられ16年』

の記事が!!!

もう~~~、びっくりでした。

櫻田亨さんが載ってました。

CDを発売されたとのことで、早速注文して、昨日届いたばかりだったのです。

この方にお会いするまでは、リュートの事は全く知らなかった私です。

リュートとは、ギターに似たヨーロッパの古楽器。主に16世紀から18世紀半ばにかけて演奏されたそう。2本1組の弦が特徴で、時代や用途によって弦の数や大きさは様々のようです。

このCDを早速聴いてみました。

とってもゆったり気分になり、癒されました。音色が独特で、素敵な音楽・・・・

昔エリザベス女王も、寝室でリュート奏者に弾かせ、眠りについたそうです。

私も寝るとき聴くことにしましょう。少し優雅な気分になれるかな!!普段の疲れが取れそうです(*^_^*)

櫻田亨さんのホームページはこちらです。

http://www.geocities.jp/torulute/index.html  

近々、コンサートも予定されています。是非行きたかったのですが、陶芸作品展と重なり、残念です。

またの機会に行きたいと思います。

|

« 工芸展 | トップページ | 作品展準備完了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リュートの音色って、独特ですよね。ちょっと音楽を聴く余裕が出てきた、というかぶいぶいといっしょに楽しめる音楽が増えてきました。
誰の演奏か覚えてないのだけど、リュートで演奏されたグリーンスリーブスを聴いてすてきだなと思った覚えがあります。リュート好きの人のサイトでコンサートをチェックした記憶も。(ぶいぶい生まれたばかりで行きませんでしたが…)まだあまり知名度が高くなかったこともあって、コンサート全般に入場料もあまり高くなかったです。今はどうなんでしょう?

投稿: ちろなか | 2006年10月23日 (月) 04時49分

リュートって言葉も初めて、、、。
どんな音色なんでしょう、、、一度聞いてみたいです。

投稿: ドリーママ | 2006年10月23日 (月) 20時41分

ちろなかさんへ・・・
リュート、ご存じでしたか~。
私はこの方に会う3年前まで全く知らなかったんですよ。コンサートを時々されていて、是非一度聴きに行きたいと思っていて、今回も案内を送って頂いたのですが、行けそうもなく、とっても残念。
CDを聴いただけなのですが、とっても気持ちが落ち着き、癒されます。
他のコンサートの料金よりかなり手頃で、行きやすいですね。知名度UPするといいなぁ~。色々な人に聴いてもらいたいな、と思います。

投稿: kei | 2006年10月23日 (月) 22時34分

ドリーママさんへ・・・
私も3年前までこういう楽器があることすら、全く知らなかったのです。生演奏は未だに聴いてないのですが・・・・今回は行けないので次回には是非と思っています。
音色は・・・・そうですねぇ~、独特で言葉ではちょっと難しいなぁ~。
何かの機会に聴ける時があるといいですね。
この方、こちらの地方のテレビ出演もされたことがあるので、そのうち全国放送に・・・なんてことを期待しちゃってます(*^_^*)

投稿: kei | 2006年10月23日 (月) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144279/12383480

この記事へのトラックバック一覧です: ♪リュートな気分で♪:

« 工芸展 | トップページ | 作品展準備完了 »